資料の紹介

 自動車の技術者にとって目下の関心事の一つは、ADAS(先進運転支援システム)や自動運転をいかに実現するかということ。しかし対向車両や歩行者、天候や道路の状態など、自動車が走行時に考慮すべき要素は膨大だ。自動運転のためにそのすべての組み合わせを網羅し、一つひとつに必要な制御を定義することは現実的にできない。

 そこで自動車がテスト走行から制御方法を自ら習得する機械学習のアプローチが有効と考えられているが、これにも問題がある。人間と同等の運転知識を自動車のシステムに覚え込ませるには、テスト走行にも相当な時間を要することだ。一説にはテスト走行だけで数千年かかるとも言われている。現実環境でのテスト走行だけで自動運転を可能にすることが不可能ならば、仮想環境でのテスト走行も組み合わせなければならない。

 本資料では、仮想環境と現実の環境を組み合わせたテスト走行のソリューションについて解説する。道路や歩行者、標識などを再現した仮想環境に、仮想化した自動車を置き、その中で運転をシミュレーションする。一連の作業を自動化することで24時間365日無人で次々とテストができ、作業が大幅にスピードアップできる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。