資料の紹介

 IT化が進む日本の製造業において、設計の現場では3D CADを使った手法が定着してきている。しかし、製造の現場では従来のまま2Dの紙図面が正データとして使われているケースが多く、人員面ではベテラン社員の引退、若手の図面解読スキルの低下、外国人作業者の増加によるグローバル化といった課題にも直面している。従来からの3D設計2D出図というプロセスは、品質を担保し、効率的なものづくりを維持に影響を及ぼしつつある。

 設計側がCADで作成したデータを製造現場でも3Dのまま活用するのが効率的だ。ただし、製造現場ではデータもプログラムも重い3D CADは使えない。CADの3Dデータを変換して軽量化し正確に表示できる仕組みが必要になる。その仕組みで3Dデータの組立図面を作成すれば、図面解読スキルが低くても形状を理解することが容易で、設計から製造だけではなく、サービスなどの部門での情報共有が可能となるなどのメリットがある。設計部門では紙図面作成や製造側からの問い合わせなどの負荷が低減、製造部門では図面の印刷・配布などの工数を低減、コストの削減にもつながる。

 本資料では、設計、製造の両現場で3Dデータの活用によって得られるメリットについて解説。活用事例について紹介する。また3D CADのデータを、軽量かつ正確な3次元フォーマットに変換して、専用のビューワーで活用する方法についても詳しく説明する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。