資料の紹介

 開発生産性の向上は、システム開発現場における永遠の課題だ。古くは30年ほど前に脚光を浴びたCASEツールから、最新の“超高速開発ツール”に至るまで、生産性向上をうたう多種多様な開発支援ツールが市場に登場してきた。しかし、自社に必要な機能の不足や、ベンダーによる囲い込みを懸念して、導入に二の足を踏む企業は多い。

 開発支援ツールは、単にアプリケーションが早くできればそれでよいというものではない。厳しいビジネスの要請に耐えるセキュリティや内部統制対策、スクリプトによる追加記述、DevOps対応、テストの省力化/支援機能など、アプリケーションのライフサイクル全体を想定した機能を備えていることが望ましい。

 本資料では、一般的な業務アプリケーション要件の9割を自動生成できるという“超高速開発ツール”を紹介。開発支援ツールに求められる12の要件に沿って、同ツールの備える機能を解説する。350社余りの導入企業のうち、ほぼ半数がIT部門による内製に活用しているという。既存のデータベースのテーブル定義を流用してアプリケーションを再構築できるため、レガシーマイグレーションにも向くとしている。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。