資料の紹介

 多くの企業が働き方改革を推進しているが、残業時間短縮といった取り組みが先行し、“本命”のITを活用した生産性向上に関する取り組みはまだ始まったばかりである。その生産性向上も、メールやスケジュール管理などに絡めた取り組みが目立ち、Web会議やオンラインストレージによる情報共有に着目した取り組みは、まだ多くないのが現状だ。

 どのような切り口で取り組むにしても、ITによる業務生産性の向上に欠かせないのは、いつでも、どこでも働ける環境作りである。しかし多くのIT部門は、セキュリティリスクが高まる中、多様化する機器の運用管理の負荷が高まり、なかなかそこまで手が回らずにいる。

 本資料では、働き方改革の現状を概観したうえで、成果につながる仕事の環境をいかに実現するかを説明する。ITインフラは既に企業活動におけるライフラインの一つになっており、今後は水道・電気・ガス・通信回線のように「使うだけ」を実現することが最短の道になると述べ、その具体策を解説している。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。