資料の紹介

 今、多くのIT部門が日々頭を悩ませているのが、業務の効率化と情報セキュリティの両立だ。特に情報共有に関しては、社内の様々な部門や経営層から、一見、相反するような要望が寄せられることも多く、これらに応えていくことは至難の業にも思える。

 物理的な距離や部門の壁を超えた情報共有に有効な手段として、多くの企業に使われているのが、クラウドストレージだ。しかし、その導入にあたっては、各部門からの要望や自社のセキュリティ要件を確実に満たせるかを事前に確認することが重要だ。

 本資料では、「在宅勤務やモバイルワークを導入したい」「厳密な管理の下、法廷保存文書を関係部門と共有したい」「メールによる採用関連のやり取りから脱却したい」「共有はしたいがダウンロードはさせたくない」など、様々な部門の要望に応えるクラウドストレージの活用パターンを解説する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。