資料の紹介

 働き方改革の一環として、働く場所の制約を取り払うWeb会議システムやファイル共有などのクラウドサービスを積極的に活用する企業が増えている。ところが、品質の低い接続回線を選択すると、クラウドサービスを利用する上で思わぬ課題や被害に直面する場合がある。

 例えば、「メールやファイルサーバーをクラウドに変えたらレスポンスに数倍の時間がかかる」「通信が不安定で、ネットワークが途切れる」「マルウエア攻撃を受けて機密情報が流出してしまった」といったことが起これば、業務効率の低下や、ビジネスチャンスの逸失を招き、企業の信頼を損ないかねない。

 こうした課題や被害を未然に防ぐには、通信速度が速く、安定性が高く、セキュリティに強い、という3つのポイントを重視して回線を選定することが重要だ。本資料では、インターネット接続回線のスペックを比較する場合、どのような点に着目して選定すべきかを、3つのポイントそれぞれについて解説する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。