資料の紹介

 収集したデータを企業経営に生かす「データ主導型の意思決定」が、欧米を中心に広がりつつある。これら企業の多くに共通するのがIoTに対する戦略的な考え方だ。モノがインターネットにつながるといった原始的な役割にとどまらず、カメラやレコーダーなどの各デバイスがインテリジェンスな処理を実行するというのだ。

 そこでは、エッジにおけるAI活用が鍵を握る。中でも、音声データや画像・動画データといった非構造化データを、いかに高速かつ効率的に解析するかが重要視されている。複雑で情報量の多いデータは人間が介在する“現場”から発生するものであり、実社会での行動分析・予測に大いに役立つ。そしてそこでは、コンピュータ・ビジョンと呼ばれるAI機能を備えた“目”が不可欠になってくる。

 本資料では、コンピュータ・ビジョンが今後のビジネスに与えるインパクトを、小売、交通、製造などの具体例を挙げて詳細に紹介する。IoTデバイスにAIエンジンが搭載され、ディープラーニングによる非構造化データ解析によってエッジコンピューティングが加速——こうしたサイクルこそ、素早い意思決定に欠かせないものだと言及している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。