資料の紹介

 グローバル・サプライチェーンはますます複雑になり、同時に、地球の環境と資源に対する懸念も深刻化している。このような状況下で、ロジスティクスの現場にはかつてないほどの重圧がかかっている。精密機器や生鮮食品など扱いに注意が必要な貨物を輸送する場合、思いもしなかった原因で損失を被る可能性は避けられない。

 こうした難局に対処するには、輸送プロセス全体の継続的な改善を推し進めることが重要だ。サプライチェーンの改善では、リアルタイム情報の収集が話題に上がることが多い。しかし、複雑でコストかかる既存の監視ソリューションで貨物の状況のデータを収集・分析しても、時間とコストを削減する効果は期待できない。

 本資料では、パッケージ単位からコンテナ単位まであらゆる輸送単位の貨物の状態を監視し、パッケージ単位の接続・追跡・保護を実現するロジスティクス向けソリューションを紹介する。詳細かつ多岐にわたるリアルタイムのインサイトは、多額の損失につながる事故や遅延を防止し、梱包と輸送ルートの長期的な最適化を実現できる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。