資料の紹介

 多数の取引先やグループ企業を抱える製造業がデジタル変革を実現するうえで、情報を共有でき、業務ツールと連携して生産性を向上できる社内・取引先向けポータルは欠かせない存在になってきた。しかし、ポータルを立ち上げたものの、期待したほどの効果を上げられていない企業は少なくない。

 製造業の社内には、製品管理からCRMまで様々なシステムがサイロ化し乱立している。そのため、組織横断の情報共有が困難になっていることが多い。さらに、拠点や部署、取引先ごとに、最適な機能や情報を提供するパーソナライズができていない、新しいサービスや機能を迅速に開発できる仕組みが整っていない、といった問題もある。

 本資料では、こうした課題を解決し、製造業のデジタル変革に寄与する企業ポータル構築のための統合プラットフォームを紹介する。エアバスやシュナイダーエレクトリックなどのグローバル企業も導入しており、ヒューレット・パッカードは、パートナー企業向けポータルを一新してパーソナライズされた情報・ツールを提供することで販売機会獲得率を向上した。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。