資料の紹介

 政府による「働き方改革」の推進もあり、営業の効率化・生産性向上を目的にCRM/SFAを導入する企業が急増している。調査会社 IDC Japanのデータによれば、CRM/SFAの国内市場は2021年まで年平均5%で成長し、1200億円規模になると予想されている。

 ところが、多額のコストをかけてCRM/SFAを導入しても、使われなくなるケースが増えている。特に海外製のCRM/SFAでそれが顕著だ。それはなぜだろうか? 4500社以上へのCRM/SFA導入実績を持つ企業の調査・分析から見えてきたのは、「日本と欧米の営業文化の違い」だ。さらに、CRM/SFAベンダーのサポートやツールそのものの入力にも、原因があることが分かってきた。

 本資料は、その詳細をまとめたレポートである。日本と欧米の営業文化の違いを確認しながら、日本企業に求められるCRM/SFAの要件を整理している。これからCRM/SFAを検討する企業はもちろん、使われなくなった海外製CRM/SFAを何とかしたいと考えている企業にもお薦めしたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。