資料の紹介

 文部科学省は2016年10月に「教育の情報化に係る政府方針」を公表し、普通教室でのICT(情報通信技術)環境整備が不可欠であり、将来的に「一人一台タブレット環境」と「堅牢な校務支援システム環境」を実現するという目標を掲げている。しかし、実際には導入が進んでいない。

 問題は山積みだ。一番の問題は大学受験のあり方である。大学入試では知識追求型の問題が多くを占めているため、そのような授業が求められる。ところが、ICT教育のメリットは、問題解決型学習にあるのだ。また、100人先生がいれば100人の先生が活用できるような環境をどのように整備するかという問題もある。さらにICT環境を整えて運用するにはお金がかかる。Wi-Fi 環境を整備してもうまく運用できず、止まってしまうことも多い。安定性を確保し、うまく運用するためにはサポートが必要だ。

 本資料は、ICT教育の現場にいて、積極的に取り組み、成果を上げている教師や事務の方々に「ICT教育」について語ってもらった資料である。実際にどういったハードウエアやサービスを導入しているかについても紹介している。

 優れた応答性を備えたインテル® Core™ i7 vPro™ プロセッサーは、ユーザーのニーズに応えるパワーとスピードを発揮します。ファイルやプログラムを素早く展開するだけでなく、アプリケーションや Web ページを遅延なしにシームレスに切り替えることができます。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。