資料の紹介

 クラウドが浸透するにつれて、クラウドを基盤とした新規サービス構築に着手する企業が増えている。クラウドでの開発のメリットは、スモールスタートが可能で、サービスの成長に合わせてリソースを追加できることだ。加えて、開発・本番環境に対し、インターネット経由でどこからでもアクセスできることも挙げられる。

 しかし、クラウドを活用した新規サービスの開発では、オンプレミスでの開発とは異なる設計思想、開発技術が求められる。どの開発手法を適用するか、クラウドの種類とベンダーをどう選ぶか、インスタンスやサーバーの構成をどうするかなど検討すべき項目は多い。場合によっては、オンプレミスで開発・運用した方が効果的なこともある。

 本資料では、クラウドを利用した新サービスの開発を成功に導くため、事前に検討しておくべき7つのポイントについて提示する。これらの項目を参考に、社内システムの現状を把握しながら将来像をより明確なものにし、自社に最適なクラウドサービスを選択すべきとしている。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。