資料の紹介

 クラウドは今や、システム構築・運用の主要な手段の一つとなりつつある。システムの導入や運用にかかるコストの削減をはじめ、アプリケーション開発と立ち上げの迅速化、システム拡張の柔軟性など様々な理由から、パブリック/プライベートクラウドの活用が進んでいる。

 その一方で、システムをクラウド化したものの、当初期待した効果を得られず、結局、オンプレミスに回帰したケースも見受けられる。社内システムの現状を確実に把握したうえで、オンプレミスとクラウドのどちらが適しているかを綿密に比較検討することが肝要だ。「クラウドへの移行ありき」で考えると失敗する。

 本資料では、オンプレミスからクラウドへのシステム移行にあたり検討すべき7つのポイントについて解説する。サーバーやネットワークなどのITインフラを提供するIaaS(Infrastructure as a Service)に主軸を据えながら、移行を成功させ、クラウドのメリットを最大限に享受するために留意すべきことは何かを考察する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。