資料の紹介

 これまで働き方改革として取り上げられてきた取り組みは、社内制度とIT基盤を整備して物理的な制約条件を緩和する、在宅勤務やリモートワークなどが多かった。しかし、働き方改革の本質は、業務の見直しやITの活用により、一人ひとりの生産性を高めることにある。それには、まず業務プロセスを正確に理解する必要がある。

 業務のボトルネックを発見し、PDCAサイクルによる業務プロセス改善を進めるのに欠かせないのが、業務プロセスを可視化し、モニタリングするBPM(ビジネスプロセス管理)ツールである。今注目のRPA(Robotic Process Automation)と組み合わせることで、RPA単体では実現できなかった課題の解決も可能になる。

 本資料ではまず、BPMによる業務サイクル改善の進め方や、BPMとRPAの組み合わせで得られる効果を解説。さらに、働き方改革の実践を支えるプラットフォームとなる製品と導入支援サービスを紹介する。ソースコードを公開しているオープン性と、複雑なアプリケーションもノンプログラミングで開発できることが特徴という。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。