資料の紹介

 現在、仮想化の波はサーバとストレージだけでなくネットワークにも及んでいる。ネットワーク仮想化のメリットは大きく2つある。1つはセキュリティだ。ネットワークを仮想化すると、仮想ファイアウォールを数多く分散配置できる「マイクロセグメンテーション」が可能になり、標的型攻撃に対する強固なセキュリティを実現できる。もう1つは、管理の自動化によるコスト削減とネットワーク構成の柔軟な変更が可能になることだ。

 ただし、ネットワークを仮想化しても、期待していたパフォーマンスが得られないケースは少なくない。その原因は、ネットワーク仮想化で用いられるプロトコルであるVXLANが、サーバのCPUリソースを大量に消費するからだ。これは、ネットワーク仮想化における意外な落とし穴である。

 そこで用いられるのが、VXLANの処理を外部ハードウエアにオフロードし、CPU負荷を低減する仕組みだ。メリットにばかり目を奪われ、ネットワーク仮想化の落とし穴にはまらないためにも、ぜひ本資料でVXLANオフロードの仕組みと役割について学んでおきたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。