資料の紹介

 WordやExcel、PowerPoint、AccessなどのOfficeアプリケーションはビジネスの基幹ソフトとして普及している。しかし、ユーザーが個別に自分のパソコンにアプリケーションをインストールしていると、コストがかかる上、バージョン管理が難しくなる。ユーザーサポートも面倒だ。

 そこで便利なのが月額課金でOfficeアプリが利用できる「Office 365 ProPlus」だ。「ProPlus」なら導入すると、合わせてファイルの共有などもスムーズにできるクラウド型グループウエアも利用できる。しかし、利用するためには、インターネットアプリケーションのインストールや同期設定、アカウント作成、ユーザー情報登録、ライセンス割り当てなど、各種設定が必要となる。新規ドメインの取得や管理代行などの作業も必要だ。導入したあとのヘルプデスクも必要だ。中小企業にとっては、専門的知識をもった人員の育成は過大な負担となる。そこを解決するのが、サポートサービスである。

 本資料は、Officeの月額課金サービス「Office 365 ProPlus」について詳しく紹介するものである。加えて、面倒な導入作業を代行するOffice 365のサポートサービスについても案内する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。