資料の紹介

 企業のIT部門にとって最も負担が大きい業務の一つが、社内各所から寄せられるITインシデントへの対応である。機器の故障やネットワーク不調といったインシデント対応に時間を取られている状況では、ITを活用した業務効率化やコスト削減など、本来優先すべき業務に手が回らなくなってしまう。

 企業がITを活用してビジネスを推進するためには、IT部門を日々のインシデント対応から解放し、業務改善策の立案や新事業の創出など、より創造的な仕事にシフトできるようにすることが不可欠だ。近年では、システム運用を改善する手法としてITサービス管理が注目されているが、ITIL準拠のシステムであっても、すべての企業にとってベストプラクティスとは限らない。

 本資料では、用意された部品を画面上で操作するだけでカスタマイズできるITIL準拠のITサービス管理システムについて、導入事例を通じて紹介する。西武ホールディングスは人事・経理からグループ会社・外部委託先に至るまでのプロセス管理を見える化、業務を改善した。イオンアイビスはイオングループ全体のシステム運用を支える業務システム管理基盤を構築した。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。