資料の紹介

 厳しいビジネス環境で勝ち抜くための分析と洞察を得る手段として、人工知能(AI)アプリケーションに注目する企業が増えている。AIアプリケーションは特定分野向けのソリューションとしてだけでなく、長期的には、あらゆるワークロードに組み込まれ、不可分な要素としてアプリケーションに統合されていくだろう。

 AIアプリケーションの活用を進める企業の多くは、サーバー性能の壁に突き当たる。指数関数的に増加するデータを解析するための深層学習には、極めて高い処理性能が必要になる。標準的なCPUだけでは不十分であり、いずれはサーバーインフラの見直しに踏み切らざるを得なくなる。

 本資料は、AIアプリケーションの実行インフラに何らかのアクセラレータを活用している北米企業100社に対するアンケートの結果と、8社に対するインタビューを、米調査会社のIDCがまとめたもの。AI活用を試行中、あるいは本格展開しようとしている企業は、十分に制御可能な状況の下で、あえて「壁にぶつかる」ことも必要になると結論付けている。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。