資料の紹介

 企業におけるデータ分析は日々重要性を増している。データ分析に使うツールとしては、Excelが圧倒的なシェアを獲得しているが、Excelがあればなんでもできるというわけではない。大量のデータから様々な価値を引き出すためには、ほかのツールとの併用が必要になる。

 例えば、Excelの表の最大行数は約100万行だ。そしてGoogleスプレッドシートにもセル数が最大200万という制限がある。限界までデータを詰め込んでいたり、複数の小さなデータセットに分割したりする場合は、マクロを実行しても、長時間待たされることになる。もう一歩踏み込んだ⾼度なデータ分析をするにも限りがある。例えば、複数のソースからのデータを組み合わせてチャートやグラフなどで視覚化をするという処理もデータの量が多いとExcelだけで実現するのは難しい。また、分析に非常に便利な地理的データを地図上で視覚化する機能は、Excelの標準的なグラフには含まれていない。

 本資料は、Excelの限界を超えて、データから新しい価値を引き出すための5つのアプローチを紹介する。データ可視化機能を持つ分析ツールにExcelのデータを組み込むことで、Excelの壁を超える方法を解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。