資料の紹介

 RPA(Robotic Process Automation)に対する企業の関心は、急速に高まりつつある。RPAは、パソコンを使う定型業務をソフトウエア・ロボットによって自動化する仕組みだ。PCで動作する製品、サーバーで動作する製品のほか、クラウド・サービスも登場しており、IT部門だけでなく業務部門で導入するケースも増えている。

 しかし、RPAを導入したものの、思ったような成果を出せていない企業も存在する。例えば、十分な効果検証をせずにRPAを導入したため、どの業務を自動化すればよいかの検討が後回しになり、部分最適化をした程度で頓挫してしまったりする。最悪の場合、セキュリティ事故が発生して、業務効率化どころではなくなってしまうこともある。

 本資料では、RPAに潜むリスクの回避法と、内部統制や監査対応などのガバナンス整備のポイントについて紹介する。RPAの導入は、BPMによる業務プロセスの可視化と管理を前提に考える必要がある。安易に導入すると、属人化した「野良ロボット」がセキュリティリスクをもたらす恐れすらある。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。