資料の紹介

 最近、一般向けのニュース番組などでも、人工知能(AI)が将来のビジネスや社会に及ぼす影響がしばしば取り上げられる。だが既に、機械学習やディープラーニングといったAI技術をビジネスに活用している企業は少なからず存在している。こうした企業は、AIが生み出す精度の高い洞察によりビジネスモデルを革新し、新しい製品やサービスによって顧客体験を向上させている。

 近年のAIの台頭には、グラフィック処理ユニット(GPU)の高性能化が一役買っている。機械学習やディープラーニングで精度の高い洞察をするには、大量のデータを用いた学習が不可欠なため、膨大な量の演算が必要になるからだ。しかし、100GPUのコンピュータを自前で調達し、いつでも利用できる状況にしておける企業は多くない。

 本資料では、クラウドを利用することにより、こうした課題を克服し、AIで成果をあげている企業の取り組みを紹介する。オランダの医療技術大手のフィリップスは、AIを活用して医用画像や検査データなどを使った診断業務を高精度化・効率化。保険大手エーオンの関連企業は、金融保証付きの複雑な金融商品をAIで管理している。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。