資料の紹介

 中堅・中小企業が成長を続けるためには「攻めのビジネス」が必要であることは言うまでもないが、バックオフィスを見直して、経営をスマートにしていくことも欠かせない。ほとんどの企業には、経費や請求書の処理についての方針やガイドラインがあるが、これらを守っているだけでは、ビジネスの成長はおぼつかない。

 経費や請求書の管理はこれまで、コストセンターの担当業務だとされてきた。しかし、競争の激しい昨今、より戦略的な経費管理が企業経営に不可欠なものになってきた。支出を戦略的に管理し、いかにして現在の需要を満たしながら、今後の成長を促す分野に投資していくかが成長のカギとなる。

 本資料では、戦略的な経費・請求書管理を実現したい企業が推進すべき、5つの取り組みを挙げ、それらの必要性について解説。さらに、これらの実行手段としての経費精算システムが満たすべき要件について説明する。例えば、承認や請求書のプロセスを自動化できれば、従業員はより付加価値の高い仕事に注力できるようになる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。