資料の紹介

 JTグループの医療用医薬品メーカー、鳥居薬品は、営業活動に直結する基幹システムのデータ分析に、複数のBIを活用してきた。ところが、分析するデータが増えるにつれて、データの取り込みや加工、Excelでのグラフ化といった作業にかかる時間とコストが増加。タイムリーな分析が難しい状況に陥った。

 折しも同社は、それまでよりも質、量ともに充実した市場データを新たに活用し始める計画だったが、従来の分析環境ではせっかくの市場データを活かすことは難しかった。そこで、それまでの2つのBIツールを併用した分析環境を見直し、1つのシステムに統合することを決断した。

 本資料は、鳥居薬品がそれまで抱えていた課題と、新たに導入した分析ツールの概要と活用の工夫、導入効果についてまとめた事例レポートである。分析やレポート作成時間の短縮のほか、多くの社員に有効活用してもらうための工夫点などについて、当事者の声を交えて紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。