資料の紹介

 人工知能(AI)プログラム「アルファ碁」が、世界トップ棋士である柯潔(カ・ケツ)との対局に勝ったニュースはまだ記憶に新しい。アルファ碁は人工知能(AI)の機械学習アルゴリズムの一つである深層学習の手法を用いて、既存の様々な対局を訓練用データとして学習し、対局中の様々な状況に最も適した手を打ってプロ棋士を打ち負かした。

 深層学習の手法が目覚ましい効果を発揮しているのは、ゲームの世界だけではない。AIテクノロジーを活用して、新しいビジネスモデルを構築し、イノベーションを起こしている先進企業がすでに存在する。

 本資料では、農業、金融業、保険業、医療の各分野における機械学習の活用事例をそれぞれ紹介する。例えば、オランダのエレクトロニクスおよび医療の大手であるPhilipsは、「医療のIoT」によって現在と過去のデータを深層学習システムに送り、医療専門家が個々の患者に合わせたより正確な治療を実施するのに必要な洞察を得ている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。