資料の紹介

 IoT(モノのインターネット)をいかに有効にビジネスに組み込めるかが、ビジネスの成否と企業の成長を左右する時代に差し掛かっている。特に、IoTの先進企業が今、導入効果をさらに高めようと着手しているのが、「よりデバイスに近い場所」でデータの集計や分析を実行する「シフトレフト」と呼ばれるアプローチである。

 シフトレフトのIoT活用においては、工場などで発生した膨大な量のデータを、保管・管理する必要がある。そのため、ストレージおよびネットワークを含めたデータセンター全体を仮想化した「ソフトウエア定義データセンター(SDDC)」の実現が成否のカギを握る。しかし、SDDCの構築と運用には多くの課題がある。

 本資料では、SDDCがIoTの取り組みに必要な理由と、シフトレフトに耐えるIoT基盤構築における課題を解説。その具体的な解決策として「コンポーザブル・インフラストラクチャ」と呼ばれる新たなジャンルの製品を提案する。インフラを柔軟に拡張でき、リソース全体をプール化して必要なだけ切り出して利用できるなど、プログラムでインフラを制御するのに最適なアーキテクチャになっているという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。