資料の紹介

 自社の見込み顧客を育成する取り組みであるリードナーチャリングにおいて、メールは重要な手段だ。ただし、BtoBマーケティングの分野で、企業から顧客に届けられるメールマガジンは、必ずしも有用な情報源として受け入れられていない、という調査がある。

 これは米国でも同様だ。Forrester Researchのレポートによると、2016年、さまざまな企業が定期的に行ったメールキャンペーンは100件中90件が失敗したという。にもかかわらず同社は、米国市場で、2021年までデジタルマーケティングにおけるメールへの投資が増大すると予測している。これは、メール配信のパーソナライゼーションという「量から質への転換」が進むと予測されているからだ。

 つまり、今後、メールは、大量一斉配信から個々の顧客に最適化された個別配信が進む。では、その実現のために企業が準備すべきことは何か。本資料では、メール配信のパーソナライゼーションを実現するために必要な取り組みが紹介されている。リードナーチャリングにおけるメールの有用性を高めたい企業にとっては、貴重な資料となっている。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。