資料の紹介

 三越・伊勢丹グループでエステティック・サロン「ソシエ」など、美容関連事業を展開するソシエ・ワールドは、国内外にある多数の支店や店舗の日々の売り上げなどを素早く把握して、経営の次の手に活かせるようにする方策を模索してきた。

 以前の同社では、情報システム部が基幹システムから売上データを抽出し、各事業部の担当者がExcelを駆使して、経営層向けのレポートを作成していた。だが、これでは多くの時間と人手がかかるだけでなく、データの受け渡しや属人性の高いExcelでの作業によって、情報の信頼度が下がってしまう懸念があった。

 本資料では、上記の悩みを解消するためにソシエ・ワールドが導入したシステムの概要とその活用状況、導入効果について、当事者の声とともに紹介する。同社は以前、高機能なBIツールを導入したものの、現場に定着しなかったという経験を持つ。今回、多忙な支店・店舗への定着に向けてどのような工夫をしたかについても言及している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。