資料の紹介

 クラウドサービスの導入に成功した企業は、次の段階として、オンプレミスで稼働するデータベースのクラウド移行を検討することが多い。実際、Oracle Databaseなど広く普及しているデータベースはクラウド上でも提供されており、クラウド上でデータベースを実行するプロセスは、オンプレミスのサーバー上で実行するときのプロセスと似通っていることが多い。

 しかし、データの移行に関しては、移行先のクラウド環境によって最適なプロセスが異なる場合があるので注意が必要だ。例えば、データベース機能を提供するマネージドデータベースのクラウドサービスを利用するかどうか、データベースの規模、データベース・ソフトのバージョンなどによっても、最適な移行プロセスは違ってくる。

 本資料では、Oracle DatabaseをオンプレミスのサーバーからAWSへ移行する際に推奨される方法を紹介し、自社に適した戦略の選び方と、実践の手法について解説する。データはアプリケーションと異なり、「再構築」や「再インストール」ができないため、データ移行計画は慎重に策定し、実績豊富な手法で実行することを薦めている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。