資料の紹介

 Microsoft SQL Serverの管理者やアプリケーション開発者は、常にパフォーマンスに悩まされており、データ処理とクエリーを高速化させるための方法を模索している。FC(ファイバーチャネル)-SANはパフォーマンス向上に有効だが、高い導入費用とFCの専門知識がネックになる。

 最近では、コスト削減や柔軟な拡張性を確保するために仮想サーバーを導入する企業も多い。だが、データベース・ソフトを仮想マシンで稼働させると、I/O集約型のワークロードがスケール時のパフォーマンスを低下させる恐れがあるため、パフォーマンス問題はますます深刻になってくる。

 本資料では、Windows Server標準装備のSMB Direct機能を使用することで、SQL Server のスループットを2倍に改善するという方法を紹介する。ネットワーク・インタフェース・カード(NIC)とイーサネット・スイッチで、FC-SANストレージと同等以上の性能を実現できるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。