資料の紹介

 デジタルが変化を加速させる現在の業界で優位に立つには、より短時間で動向をとらえ、競争力を高めていく必要がある。大量のデータから洞察を得るためのビッグデータ分析の技術に対しては、当初の過度な期待や懐疑的な見方ではなく、どのようにしてビジネス価値を生み出すかという現実的な議論をする段階へ移りつつある。

 分析にはその成熟度に応じて、記述的、診断的、予測的、処方的、認知的の5つのカテゴリーがある。「過去に何が起こったか」を説明する「記述的分析」に始まり、最終的には意思決定を自動化する「認知的分析」に至るとされている。重要なのは、現時点で自分たちがどの段階にいるのかを理解することで、組織の現在の能力や向かうべき地点を明確にすることである。

 本資料では、各段階の分析の特徴について解説したうえで、5つの段階それぞれにおける分析作業を支援するソリューション・スタックを紹介。さらに、分析プロジェクトをこれから開始する組織に向けて、5つの基本ステップを紹介する。組織にとって最適な分析ソリューションを選ぶためのディシジョンツリーも収録している。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。