資料の紹介

 情報システムを巡るビジネス上の課題は、サポートチームを常時待機させるような運営に関するものから、ハードウエアのオーバープロビジョニングに伴う無駄の多さ、障害に対する脆弱性、データセンター運営のコストなど、多岐に渡る。クラウドサービスは、これらの課題の解決策としてしばしば期待される。

 クラウドサービスを利用すれば、信頼性があり、セキュアでパフォーマンス効率に優れたシステムを、リーズナブルなコストで構築できる言われている。しかしそのためには、クラウド環境でシステムを構築する際のメリットとデメリットを理解したうえで、最適な設計、配信、メンテナンスをする必要がある。

 本資料では、適切なアーキテクチャを選択し、クラウドサービスのリソースをできる限り効率的に、最大限活用するための綿密なベストプラクティスについて詳しく解説する。不必要なコスト発生や、十分に最適化されていないリソースを排除すれば、その分のコストでビジネス競争力を高められる。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。