資料の紹介

 在宅や外出先におけるテレワークの浸透、各人の生活事情にあわせたワークライフバランスの尊重など、働き方改革によって“柔軟なワークスタイル”を採用する企業が急増している。その一方でデジタル化推移の影響もあり、日常のビジネスはますますスピード感が重視されるようになってきた。激しい企業間競争を勝ち抜くためには、国内または世界各地の拠点との迅速な意思疎通を図らねばならない。

 すなわち、遠隔コミュニケーションを円滑に進めるオンラインツールの役割が非常に重要になってくる。代表的なツールとしてWeb会議システムがよく知られているが、肝心なときに接続に時間を取られたり、転送される映像が粗かったり、途中で音声が途切れてしまったりと、実はぴったりとフィットするWeb会議システムを見つけるのはなかなか難しい。

 本資料では、16年の販売実績と4500社以上の導入実績を持つ“老舗”が提供するWeb会議システムを紹介。本システムでは独自のプロトコルによる会話暗号化のセキュリティ、PC、スマートフォン、テレビ会議端末、固定・携帯電話から参加可能なマルチデバイス対応、高度なエコーキャンセラ、ノイズキャンセラ採用による聞き取りやすいクリアな音声、HD解像度の高精細な映像転送など、長年のノウハウに基づいた機能を凝縮した。このツールにより、働き方改革時代のオンラインコミュニケーションがより豊かなものになるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。