資料の紹介

 企業の情報システムに入力・処理・保存されるデータをはじめ、ソーシャルメディアやIoT(モノのインターネット)から収集されるデータなど、企業が扱うデータは質・量ともに増加の一途をたどっている。こうした膨大なデータをいかにして効果的に活用するかが、今後の企業の競争力を大きく左右する。

 そんな中、高速かつ簡単にデータを分析して問題解決や意思決定に必要なインサイト(洞察、示唆)を得るために欠かせないのがビジネスインテリジェンス(BI)である。だが、BIのソリューションは一度導入すればそれで終わり、というものではない。ビジネス環境もIT技術も急速に変化・進歩している中で、競争力を維持するためには、BIも時流に合わせて適切に改善していくことが肝要だ。

 本資料では、2018年に向けて押さえておきたいBIの最新トレンドを紹介する。人工知能(AI)がこれからの分析にどう変化をもたらすのかをはじめ、分析業界における人文・社会科学系人材の活躍、自然言語処理の展望、マルチクラウド、位置情報IoTなど10のトレンドについて解説する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。