資料の紹介

 クラウド名刺管理サービスを展開するSansanは、MA(マーケティング・オートメーション)を導入してマーケティングプロセスを再構築することで、半年で受注件数を2倍にするなどの成果をあげた。顧客接点の入口から受注までのプロセスを可視化することで、顧客接点を点から線へと変え、データ駆動マーケティングを実行するための下地を構築した。

 同社では顧客数の急増に伴い、マーケティング部門や営業部門の業務プロセスが個別に最適化された状態になって各部門がサイロ化してしまい、スムーズな情報共有もできない状態だった。そのため、各部門が取得した見込み客データ(リード)に多くの重複が発生し、各部門が手作業での対応に追われていた。

 本資料では、Sansanの取り組みに沿って、MA導入を成功させるための5つのステップを紹介する。事前に課題を明確にした上でプロセスを設計し、組織に最適なツールとしてMAを選んだこと、MAを中心に営業支援ツールなど他のツールを連携させたこと、活用体制を構築した後も、小さな改善を積み重ねたことが大きな成果につながったとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。