資料の紹介

 定型業務を自動化するRPAが注目を浴びている。RPAは状況監視や判断、Web検索、パソコン操作などを劇的に自動化するが、苦手な部分もある。例えばExcelが担っているようなデータ変換や集計の作業だ。Excelにはマクロ機能があり、いろいろな作業を自動化できる。ただし、マクロの自由度が高いため属人性も高い。マクロを組んだ人が辞めてしまうと、マクロの変更に時間がかかり、最悪ブラックボックス化してしまう。RPAを導入しても、Excelにかかわる部分の自動化がボトルネックになることもある。

 Excel作業の問題を解決するには、Excelのデータを整理し手順を明確にするルールを作成するExcel専用の自動化ツールが必要だ。こういったツールがあれば、Excelの自動化が難しいRPAと連携することで、既存のExcelを有効活用して、エンドユーザーにも新しい負担がかからないシステムを構築できる。

 本資料では、Excel業務をもっと効率化したい現場に最適なExcel専用の自動化ツールについて解説する。合わせて、具体的な事例を紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。