資料の紹介

 予実管理や管理会計、販売計画ほか、部署を問わず数多くの企業で手軽に用いられる“ITツール”の1つがExcelだ。慣れ親しんだスプレッドシートによるデータ管理は便利である一方、貴重なデータがファイルごとに分断されてしまう。そしていざBIやCRMツールへ集約する段階で、膨大な手間が発生することもしばしば見受けられる。

 こうした人的・時間的なロスは、企業内のデータをフル活用し、スピーディな経営判断が求められるデータドリブン時代には大きな足かせとなる。とはいえExcelに代わる新しいツールを導入するのも非現実的だ。現状の使い勝手を生かしたまま、常に最新の着地予想が可能になることが望ましい。

 本資料では、Excelにアドインするだけで利用できる業績管理システムを紹介する。フロントでは従来のように直感的にデータを入力しながら、高度な分析エンジンによって即時に各部署からのデータを統合。複雑な予算策定やプランニング、予測を実行する。また、ERPやCRM、主要なデータソースファイルなどと接続可能な50種類以上のコネクタを標準装備しており、部署を横断した社内システムのシームレスな統合に貢献。名だたるグローバル企業からの評価も高いとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。