資料の紹介

 パナソニックグループのIT戦略を担うパナソニック インフォメーションシステムズは、グループで使われている計16万台のPCのうち、約1万7000台に、新たな情報漏洩対策ソフトを導入した。グループ全体への展開を想定し、大規模導入に耐える性能と拡張性、そしてコスト削減効果を重視した結果である。

 それまで使っていたツールは、非常に多機能だったが、使っていない機能も多く、コストパフォーマンスの悪さが指摘されていた。また、導入したPCの動作が不安定になるトラブルも起きるなど、品質面の問題もあった。管理サーバー1台で管理できるPCは500台程度であり、グループ全体への展開には耐えられそうになかったという。

 本資料では、パナソニック インフォメーションシステムズが、従来の情報漏洩対策ツールが抱えていた課題を解決し、グループ全体の情報漏洩対策を強化するために取り組んだ、PC管理ツール導入プロジェクトについて、導入の狙いからツールの選定、採用したツールの特徴、導入効果までを、当事者の証言と共に紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。