資料の紹介

 業務をスムーズかつ効率的に運営していくうえで、マニュアルは重要な存在だ。業務の手法や手順の標準化はもちろん、新人の早期育成や熟練者のノウハウ継承のためにも欠かせない。しかし、マニュアルがなかったり、あっても使われていなかったり、作成や更新が担当者の大きな負担になっていたりと、問題を抱えている企業は少なくない。

 マニュアルでは、ソフトの操作手順などを、文章だけでなく操作画面のコピーや図解も使って説明することが多いため、大量の画面キャプチャーとその編集作業に手間がかかる。苦労して作ったマニュアルが、「分かりにくい」「使いにくい」といった理由で、現場であまり利用されていないこともよくある。

 本資料では、こうした課題を解決できる「マニュアル自動作成ツール」の機能と活用事例のほか、導入効果を定量的に紹介する。アプリケーションやWebサイト上での操作ログと画面を記録してマニュアルを自動作成。マニュアルのほか、教育・研修用のeラーニング教材や開発部門のテスト・エビデンスの作成など様々な用途に使える。販売管理業務マニュアルの作成時間を26分の1に短縮できた例もあるという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。