資料の紹介

 従来型のハイパーコンバージドインフラ(HCI)には、課題がいくつかある。例えば、仮想デスクトップインフラ(VDI)とデータベースアプリケーションなど、複数の重要なアプリケーションで共有すると、パフォーマンスに影響する可能性がある。またリソースの比率が決まっているため、コンピューティングとストレージのリソースをそれぞれ独立して拡張できないといった制限もある。

 こうした課題を解決するには、ワークロードをすべて統合して管理でき、リソースを個々に拡張できる環境が必要だ。そのためには、性能を十分に生かせる次世代型HCI製品の導入が理想的である。

 本資料では、ラックユニット単位で拡張できる次世代型のHCIソリューションについて解説。ストレージとコンピューティングのノードを自由に組み合わせられる利点や詳細な仕様についても紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。