資料の紹介

 システム開発では設計書をはじめとするドキュメント群を作成し、それらを基にシステム開発担当者がプログラムを作成する。しかし、いざシステムを変更する場合に「設計書がない」「設計書が最新の内容に更新されていない」などの理由で、チームでの共同作業や担当者の引き継ぎがスムーズにいかない、といった問題を抱える情報システム部門は多い。

 例えば、既に開発したシステムを変更する場合、まずは現場の要求に沿ったプログラム修正が優先され、当初作成したドキュメントの変更は後回しにされる傾向にある。また、ドキュメントは更新されていても、案件ごとや作成者ごとに記述の形式や内容が違っているためにノウハウが属人化し、担当者の異動や退職による引き継ぎなどでブラックボックスとなってしまう。

 本資料では、こうした課題を解決するために、既存のプログラムのソースコードをシステム設計専用ツールに取り込み、必要なドキュメントを自動生成する“見える化”サービスを提案している。見える化により、プログラム間の関連性の把握、ドキュメントの一元管理、設計書再作成工数の大幅な削減などが可能となり、システム開発の生産性と品質を向上できるとしている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。