資料の紹介

 モノづくりの世界では、今やハードだけで完結する製品は珍しくなり、エレクトロニクスやソフトウエア、さらにはインターネット連携といった要素を含む製品設計が主流になりつつある。開発や製造のプロセス、そしてトラブルや不具合の発生プロセスも、ハード主流の時代とは比較にならないほど複雑化し、過去に蓄積した製品開発の知見だけで競争優位に立つことは難しくなった。

 製造業の多くを支えてきたPLM(製品ライフサイクル管理)システムも端境期を迎えている。従来型のPLMの多くは、製品開発の初期フェーズを重視した設計のため、今日のモノづくり現場の要請に対応した機能が不足していることが多い。例えば、異なる部門に所属する開発者とのコミュニケーション支援機能や、部門をまたいだ製品構成の一元管理機能、製品ライフサイクル全体に亘るプロセス管理が可能な性能などである。

 本資料ではまず、競争優位に立てるモノづくり目指したPLMの発展形「プロダクト・イノベーション・プラットフォーム」の概念と、その必要性について解説する。そのうえで、具体的なソリューションとして、「部門や役割を越えた製品構成管理とコラボレーション支援」「製品ライフサイクルの全フェーズに亘る支援」などの機能を備えた次世代型PLMシステムを詳しく紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。