資料の紹介

 現在、働き方改革の取り組みの一環として、人の行っているチェック業務や機械的反復業務などをロボットに代行させるRPA(Robotics Process Automation)が注目を集めている。RPAシステムを導入することで、作業スピードと生産性の向上、事務処理ミス低減による品質向上などの効果が期待される。

 ただし、たんにRPAを導入しただけでは、すべての課題を解決することは難しい、現実に、導入はしたものの思ったような成果をあげられていない企業も少なくない。その原因は、RPAを導入しても人の作業やアナログなプロセスが予想以上に残ってしまうことにある。そのため、まずは業務全体を見直すBPM(Business Process Management)を実施し、デジタル化できる業務を極力デジタル化したうえでRPAを導入することが不可欠となる。

 本資料では、RPAを先行導入した企業を分析し、RPA導入の課題を明確にするとともに、その解決策としてのBPM+RPAの組み合わせの有効性を解説している。現在、RPA導入を検討している企業だけでなく、導入後、思ったような成果を出せていない企業も、ぜひ確認したい資料だ。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。