資料の紹介

 現在、RPAというキーワードが注目されている。これは「Robotic Process Automation」のことで、バックオフィスにおけるホワイトカラーの仕事を、ルールやAI、機械学習などの技術を取り入れたソフトウエアのロボットに代行させ、自動化・効率化を図る取り組みのことだ。

 すでに保険や金融の分野では、データ収集や事務処理作業などに導入されて成果を上げているが、一方で、うまく機能することなく、プロジェクトが炎上してしまうケースも少なくない。

 本資料では、その原因として、人の仕事を代替するRPAに求められる人事的視点と、CRMやSFAなどの業務システムとのデータ連携機能を取り上げて、詳しく解説している。RPAによるオフィス業務の自動化・効率化を検討しているなら、プロジェクトを失敗させないためにも、ぜひ読んでおきたい資料となっている。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。