資料の紹介

 現在、多くの企業がデジタル技術を活用して、自らのビジネスを変革していく「デジタルトランスフォーメーション」に取り組んでいる。そこで必要になるのがクラウドだ。クラウドを活用することで、変革に必要な柔軟なシステムをスピーディに構築できる。

 特に最近は、複数のクラウドを適材適所で組み合わせる「マルチクラウド」を導入する企業が増えている。ベンダーロックインを避け、災害対策やBCP、コスト削減という観点でもメリットが多いからだ。ただし、マルチクラウドを導入しても、データがクラウドごとに分断されていたら、デジタルトランスフォーメーションは実現できない。

 本資料では、Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platformを含め、異なるクラウドサービスのデータを統合・活用する方法が説明されている。マルチクラウドを検討している企業は、ぜひ目を通しておきたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。