資料の紹介

 現在、多くの企業がマイクロソフトのOffice 365を活用している。Office 365には、通話、チャット、ビデオ、さらにはアプリケーション共有までできる「Skype for Business」も含まれている。「Skype for Business」を利用すれば、地方や海外の拠点とも簡単にコミュニケーションできて、物理的な制約に縛られないオンライン会議を開催できる。

 ところが、Office 365を導入している企業では、便利なはずの「Skype for Business」が使われないケースが少なくない。原因は2つ考えられる。1つはネットワークの接続状態に依存するため、音質が安定しないこと。もう1つは、高機能ゆえに使いこなせない社員が生まれてしまうことだ。

 本資料では、この2つの問題を解決し、「Skype for Business」の利用を促進する対策が整理されている。「Skype for Business」の利用が思ったように進まないことに頭を悩ませている企業は、ぜひチェックしたい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。