資料の紹介

 クラウドの登場により、企業のIT活用のあり方は大きく様変わりした。しかし、同じ企業内でも、組織によってニーズは異なり、パブリッククラウド指向の組織がある一方で、プライベートクラウド指向の組織も存在する。これらを最適な組み合わせで活用するには、個別のビジネス要件に合わせて調整できるハイブリッドモデルが不可欠になる。

 一方で企業は、IT環境を迅速に整備するために、アプリケーション、ビジネスプロセス、インフラストラクチャがすべて一体化した「パッケージ」を求める傾向にある。加えて、今日のビジネス部門やIT組織は、クレジットカード決済でテクノロジーを簡単に購入したいと考えるようになっている。

 本資料では、アクセンチュアがこうした顧客のニーズに対応するために、どのようなハードやソフト、サービスを使ってプライベートクラウド・ソリューションの基盤を構築したかを紹介する。あるライフサイエンス企業は、このソリューションを活用して、IT運用コストを2億ドル削減。またある保険会社はプロビジョニングの時間を45日から4時間に短縮したという。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。