資料の紹介

 クラウドはIT業界に革命をもたらしたが、企業はパブリッククラウドにすべてを集約したわけではない。現状では、パブリッククラウドに移行したワークロードがある一方で、セキュリティやコンプライアンスの懸念があるワークロードについてはオンプレミスに残す「ハイブリッド戦略」が定着した格好だ。

 パブリッククラウド環境では常に必要な容量だけを使えるが、オンプレミス環境で無駄なく確実に容量を使えるようにするには、かなり早い段階で必要な機器を手配しておく必要がある。ハイブリッド戦略を採用する企業において、このキャパシティプランニングは依然として困難な問題のままである。

 本資料では、米国企業のIT部門に所属する意思決定者500人に対してキャパシティプランニングと管理の現状を尋ねたアンケート結果を紹介しながら、パフォーマンス、TCO、容量などの課題を考察する。併せて、オーバープロビジョニングによるITコスト増を避けると同時に、迅速なリソース調達を可能にするアプローチを紹介する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。