資料の紹介

 今や企業の成長にデータ活用は欠かせない。ツイッターやLINE、FacebookといったSNSにIoTのセンサーデータ、さらにはPOSなどから吐き出される大量の販売データなど、企業が蓄積するデータは、種類も量も増える一方だ。それらをどのように処理したら意思決定にもっと役立てられるのか、模索を続けている企業も多い。

 ビジネスの現場では「(データを分析して)洞察を得るまでの時間」が重要な尺度になってきている。実際、調査会社米ガートナーが2017年、2500人以上のCIOを対象に実施した調査では、あらゆるカテゴリの企業で「ビジネス・インテリジェンスとアナリティクス」がIT投資の最優先項目になっている。

 本資料では、多量のデータから短時間で、ROI(投資収益率)に影響するようなインパクトある洞察を得るためには、どのようなプラットフォームが必要かを考察する。そのうえで、要件に合致したプラットフォームの構築に役立つソリューションの具体例を提示する。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。