資料の紹介

 Windows 10を効率よく企業内に導入するには、ライセンス管理やアップデート方法を含めた「インフラ側の要件」や、エディションの選択やアップグレード方法などの実際にパソコンへインストールする際の「クライアント側の要件」をクリアしないといけない。

 特にWindows 10のアップデートは“WaaS”(Windows as a Service)という従来とは異なる方式を採用しており、年2回のペースでリリース予定の機能アップデート(FU:Feature Updates)と月次でリリース予定の品質アップデート(QU:Quality Updates)の2種類が提供される。運用コストの低減にもつながるが、互換性や更新プログラムの管理など導入に対する不安も少なくはない。

 本資料では、インフラに必要な要件、WaaSによって提供されるアップデートプログラムの管理、クライアント側の要件、といった内容を、それこそ一人でもできるようにWindows 10の導入から展開までを各ステップに沿って解説する。さらに既存の環境がそのまま引き継げる「インプレースアップグレード」による導入も紹介している。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。