資料の紹介

 フラッシュストレージが企業のITインフラ戦略で重要な位置を占めるようになるなか、その特徴がスピードだけの時代は終わった。従来はスピードのためにデータ管理機能を犠牲にしてきたが、今や高い拡張性やデバイス障害対策は必須の機能となってきた。

 ストレージだけでなく、その管理ソフトとコントローラーで、オンプレミス/クラウドでのストレージ環境を管理し、企業のストレージに求められる高い信頼性や安全性、拡張性、可用性、耐障害性などを実現する必要がある。

 本資料はフラッシュストレージに必要とされている、事業の成長に迅速に対応できる拡張性、システムを停止する必要のない保守機能、高い投資対効果やクラウド対応などの9つのポイントを解説する。フラッシュストレージの技術情報を理解できるのはもちろん、企業に求められるフラッシュストレージの要件を確認する資料として活用できる。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。